ドールを中心に綴るブログ

この子と椅子。

ドールあれこれ

アーニーがお迎えできるらしい…

投稿日:

先日のアフターで、名古屋すみかに行ってびっくりしたことがありました。

SDGr男の子 テオの箱がある… え、え、えええ?

まさかな…と、単なる飾り箱であることを祈りながら店員さんに聞いてみると「お迎えできますよ」と。

え、え、予想外すぎて。てっきり即完売だったのだろうと…

いやこれは運命の出会いということでお迎e…ちょっと待ってお財布の中よく見て!!!

・・・

いやいや、眠りっこ愛好家の私としてはテオくんよりアーニー派だからなぁ。

アーニーじゃなくて残念だナー。アーニーならナーーー。と自分で自分に強がりながら納得させて、帰って。

もしやとWEBサイトを見たら

 

アーニーいた。

SDGr男の子 アーニー 星間学寮Ver.(Ernest in Boys’ Dormitory, Romantic Glance Ver.)WEBページ
http://www.superdollfie.net/seikangakuryo/sdgrernest/

え!人気っこじゃないのですか?時代は変わってしまったのですか?誰もが憧れるルカクリ造形じゃないのですか?

 

2002年にスーパードルフィーで初めてSD13男の子として販売されたモデルこそルカ・クリス。まさに原点にして頂点。(私の超偏見です聞き流してください)

その後ルカ・クリスは2003年に3rdが出て以降は限定モデルとしての再販はなく。(ワンオフモデルとしてはよく出ています)

しかもそれは私がドール沼に落ちるよりもずっと前の話。なのでルカ・クリスは伝説のような存在でした。
ルカクリヘッドを持ってるかどうかがステータス、のような。(私の超偏見です聞き流してください)

 

補足として、一度だけルカクリ造形によく似た男の子が限定モデルとして登場しました。
SD13ホワイト肌のケイリンと、エボニー肌のアーヴィンです。

実は私はその時にケイリンをお迎えしています。泣きそうのような、眠たそうのような、憂いを帯びたお顔がたまらなく可愛い。

あれ、そういえばこの時もケイリン・アーヴィン居残りしてたな…え、ルカクリ造形って人気ない…?

 

さて、誰もが憧れるは言い過ぎと思いますが、私は昔も今もルカクリに憧れ続けていました。

再販を待ち望みながらも、数年前に生活環境の変化でドールから惜しくも離れることとなり…

そして数年後の今、またドールの地に戻ってきたら

いるよー!お迎えできるよー!ってちょっと待って展開早くないですか?

しかも私の大好物の眠りっこになっているし、SDGr13リバイバルボディという名のSD13ボディ改良版で登場ですか。

SDGrボディはイケメンすぎて手にし難かったですが、このボディはSD13のいいところを見事に残してくれているので嬉しいですね。

 

ボークスさんがリバイバルボディを開発・販売を考えた際に、きっとまず初めはSD13男の子として初めて世に出したルカ・クリスをモデルにしようと思われたのではないでしょうか。

ボークスさんの、ルカとクリスへの愛を感じました。

 

そんなことを考えていたら余計に…ハァァ

 

もうちょっと、悩むことにします…

ケイリンとアーニーを並べてみたい欲がすごい。

adsense02




adsense02




-ドールあれこれ

Copyright© この子と椅子。 , 2019 All Rights Reserved.